10 下町の小さなカフェのドレッシング

商品の特長

東向島珈琲店はまちの人をつなげるコミュニティカフェとして知られる。サンドイッチやモーニングセットの付け合わせサラダのドレッシングを分けてほしい。下町の小さなカフェのドレッシングは、そんなお客さまの声から誕生した。ほしいというお客さまがいれば、では商品化しようというお客さまもいた。お客同士がつながっているカフェだから生まれた商品だと店主の井奈波さんは語る。
ラベルのデザイン、PR、販路などをみんなで考え、ラベル貼りはすみだの福祉施設に依頼した。どこかなつかしさを感じるラベルは活版印刷の技術を活用。味だけでなく、テーブルに置いたときのデザインにまで気を配った。シンプルだけれど細部までデザインされた白いラベルが、ドレッシングの赤い色を引き立てる。蜂蜜とワインビネガーをブレンドした甘酸っぱい味は、生野菜はもちろんフルーツにも合う。肉料理やパスタのソースとしてアレンジしてもおいしい。
最近では墨田区だけでなく浅草や東京駅のお店でも広く販売されるようになった。雑誌などに取り上げられる機会もふえている。この商品が、すみだというまちを知るきっかけになればと井奈波さんは願っている。

 

認証理由

温もりと洗練が交じりあう、今の東京下町を感じさせる味とデザイン。東京駅などで販売され商品が地域のPRを担っている。

 

商品情報

東向島珈琲店
店主 井奈波 康貴

下町の小さなカフェのドレッシング   各630円(税抜)

 

事業者情報

<東向島珈琲店>
平成18年11月に東向島一丁目にオープン。珈琲、自家製ジンジャーソーダ、スイーツ、トーストなど、どのメニューもおいしいと評判。新たなメニュー研究に余念がなく、食材の選択、加工法など時間、手間を惜しまない。心からくつろげる店として、オーナーとの会話を楽しみながら珈琲を楽しむ客は多い。
事業内容:飲食業、食品の製造・販売
代表者 井奈波 康貴

東京都墨田区東向島1-34-7
東武線曳舟駅より徒歩5分
電話:03-3612-4178

[営] 8:30〜20:00 [休]水
ウェブサイト:http://cfc101.com