01 よしかつ5モンジャー

商品の特長

東京の郷土料理って、一体なんだろう。そんな素朴な想いから、下町の味の象徴とも言える「もんじゃ」を郷土料理に昇華させたのが、押上よしかつだ。 押上よしかつのポリシーは、調味料から肉、魚、野菜に至るまで出来る限り東京都産の素材を使うこと。東京下町の名物料理といえば、もんじゃ。東京の食材、そしてもんじゃをより身近に、よりおいしく味わってもらえればと、素材の和食五原色にちなんだ赤・黒・黄・緑・白の5種類のもんじゃを考案した。それぞれ、赤はトマト、黒はイカ墨、黄はカレー、緑は明日葉、白はツナマヨ味。メインの具材だけでなく、小麦粉も東京都産を使用している。見た目はもちろん風味もまったく異なり、続けて食べると、もんじゃという料理の奥深さを感じることができる。味がしっかりしているため、バケットに付けて食べるのもおすすめだ。

 

認証理由

もんじゃは東京の名物料理として名高いが、東京都産の素材にもこだわったものは珍しい。色とりどりで見た目にも楽しい。

 

メニュー情報

押上よしかつ
店主 佐藤 勝彦

よしかつ5モンジャー   1,320円(税込)
※単品の場合。時間帯によっては、コースのみになります。

 

店舗・事業者情報

<押上よしかつ>
平成6年に開業。東京ならではの地産地消にこだわり、肉や野菜、調味料にいたるまで東京都産の素材をつかった料理、地酒を多く取り揃える。メインメニューはもんじゃとお好み焼きだが、素材の味を活かした一品料理や、江戸前の刺身なども提供している。店主は酒匠ソムリエの資格を持ち、東京都産の料理と酒のマリアージュにも精通。
都市農業の保全を目指し、都産食材の普及活動のほか、食育活動にも積極的に取り組んでいる。
代表者:佐藤 勝彦

東京都墨田区業平5-10-2
半蔵門線・都営浅草線押上駅より徒歩4分
電話:03-3829-6468

[営] 17時~24時(入店は22時30分まで) 日・祝 (昼)11時30分~14時 (夜)予約のみ
[休]不定休