02 和風さばサンド

拡大

価格  340円 (税込)

メニューストーリー

もともとトルコで人気のサバサンドを日本で愛される味に進化させたメニュー。本場では塩サバを使うが、和食の定番 さばの味噌煮をサンド。さばの旨みや風味を残しながら臭みをまったく感じさせないヒミツは、鰹の風味がきいた梅ネギソースと大葉。バターたっぷりの手づくり塩パンが、味噌、醤油、梅、大葉、ゴマなど和の味を見事にまとめあげている。
ショップとつながるガラス張りのパン工房で作業をしていると、外から「え、さばサンド?」という声が聞こえてくる。目の前の向島百花園を訪れた人が和風さばサンドの看板を見て入ってくることも。外国人観光客がひとつ買って帰り、少しあとにおかわりを買いに戻ってきたこともあった。
具材の取り合わせの珍しさもあるが、やはり決め手はパンだと店主の芦川さんは語る。小さな工房で生地をこね、焼き上がりまでひとりでやっているからこそ、気温や湿度に合わせて理想の味を追求できる。ひとつずつ手をかけたパンをさらにおいしく味わってもらうために、ぴったりの具材を考えていたら、たまたま和のサンドが生まれたという。
2016年度にブランド認証された「米粉バンズの梅バーガー」に続き、和スタイルのサンドでのすみだモダン。なつかしさの中に新しい発見と驚きを追求するブーランジェリー・トロワらしい人気メニューだ。

認証理由

パン職人が手間ひまをかけたパンに、さまざまな和の味をうまく組み合わせている点が新しく、独自性がある

店舗・事業者情報

<ブーランジェリー・トロワ>
平成27年に開業。パン職人の御主人と、墨田区で生まれ育った奥さんの2人で営む小さなパン屋。パンは粉のブレンドから成形、焼き上げまですべての工程を職人ひとりで手掛ける。お客様との距離感を大切にした店づくりを心がけており、店内からはパンが焼きあがる様子を間近に見ることができる。積極的に日本の食材を取り入れ、日本人らしいパン食文化の普及を目指す。お店は向島百花園の向かいに位置しており、百花園の季節のイベントを意識した新商品開発も行っている。
代表者:芦川 淳

東京都墨田区東向島3-25-8
東武線東向島駅より徒歩7分
電話:03-6316-7486

[営] 9時30分~18時30分
[休]日・月・木・祝(祝は不定休)
ブーランジェリー・トロワ
店主 芦川 淳