02 力士ペーパーウエイト

拡大

価格  3,780円 (税込)

商品ストーリー

墨田区の両国国技館は、日本はもちろん世界中から観光客が訪れる相撲の聖地。力士ペーパーウエイトは、すみだのお土産にと、塚田工房7代目人形師 塚田真弘さんが考え出した。
江戸から受け継ぐ木目込人形の技を生かしながら、実用的に使える商品をつくりたいと考えていたとき、生まれ育ったすみだの象徴でもある力士のペーパーウエイトを思いついた。お相撲さんがどんと座っていたら、ちょっとやそっとじゃ下のものは動かない。そんなユーモラスな発想から生まれた商品だという。
日頃製作している木目込人形では陶器に顔を描くが、このペーパーウエイトはちりめん布に目や口を描いている。布はにじんで描くのが難しいけれど、やさしい温かな印象の顔になる。手描きなのでひとつひとつ表情が微妙に違うのも魅力だ。まわしの色は人気力士のまわしをイメージ。ご贔屓(ひいき)の力士に似ている人形を見つけるのも楽しいかもしれない。

認証理由

すみだの象徴である相撲をユーモラスに、そして高度な職人技で表現している。

事業者情報

<塚田工房>
代表 塚田進さんの母の実家の家業として、天保12年初代が本所両国で創業。4代目に当たる祖父が向島小梅に工房を開く。6代目の代表が昭和48年に塚田工房を創業した。7代目となる真弘さんの作品も日本伝統工芸人形展、神奈川県美術展などで数多く入選している。
事業内容:伝統工芸品・江戸木目込人形の製作・販売、小さな博物館、すみだ工房ショップ併設
代表者:塚田 進
すみだマイスター、東京マイスター、墨田区登録無形文化財保持者、墨田区伝統工芸保存会会長

東京都墨田区向島2-11-7
半蔵門線・都営浅草線押上駅より徒歩10分
電話:03-3622-4579

[営] 10時〜17時 [休]日・祝
ウェブサイト:http://edokimekomi.com
塚田工房
7代目 塚田 真弘