06 北斎漫画吹き出し帳

拡大

価格  540円 (税込)

商品ストーリー

赤富士や浪裏などの世界的名画だけが北斎じゃない。庶民の生活や森羅万象を生きいきと描いた「北斎漫画」をはじめて見たとき、どうち製本所の堂地さんは偉大な画家 葛飾北斎にぐっと親近感を抱いた。
「北斎漫画」は、現代のマンガとは違う。絵を描く手本として出版した全15篇に及ぶスケッチ集だ。そこには江戸の人々の生きいきとしたしぐさやユーモラスな表情があり、堂地さんは何をしゃべっているのかな?と想像力をかき立てられたという。
マンガのように吹き出しをつけてメッセージカードにしたら、みんながもっと北斎を身近に感じられるはず。北斎漫画吹き出し帳はそんな堂地さんの遊び心から誕生した。どうち製本所では大量の紙の端材が出る。その端材を活かした商品を企画販売するのが紙工房 堂地堂。北斎漫画吹き出し帳も、端材を応用しているエコロジーな商品だ。
狭い長屋を転々と引越しながら、町人として生涯のほとんどをすみだで過ごした北斎。絵にメッセージをつけるたび、人々とともに生きた北斎の人間味を感じることができる。

認証理由

北斎漫画に吹き出しを付けることで絵に意味が生まれるという発想。
メッセージカードでの交流を通してすみだで生きた北斎に親しみを持つことができる。

事業者情報

<どうち製本所 紙工房 堂地堂>
すみだで60年の歴史を持つ製本所を継ぎ、どうち製本所を営む。主に美術用の高級紙スケッチブックを製造。紙工房 堂地堂では、さまざまな紙の端材を活用した商品を企画販売している。オリジナルノートを手づくりできる「紙のバイキング」を各地のイベントで展開中。
事業内容:製本業、印刷物加工業
代表者:堂地 健一

東京都墨田区千歳2-13-11
電話:03-3634-5839
ウェブサイト:http://douchidou.com
どうち製本所 紙工房 堂地堂
代表 堂地 健一 氏(左)
堂地 治美 氏(右)