05 ウエルカムソープ

拡大

柘榴(赤)、百合(白)、黒糖(黒)の3種類

商品ストーリー

玉の肌石鹸は、ホテルやファッションブランドなど、さまざまな企業からのリクエストで、常識にとらわれないユニークな石鹸をつくり続けてきた。自由に成形できる石鹸は、アイデア次第で特別なギフトにもなれば、視線を集めるオブジェにもなる。世界最大のデザイン祭典ミラノサローネにおいて、美しい商品で世界を驚かせたこともある玉の肌石鹸。
ウエルカムソープも、2008年のミラノサローネで展示された。昔から結婚式などの引出物に使われてきた鯛の和菓子。その型を使って石鹸をつくることで、日本の伝統文化もアート性も発信することができた。遊び心を秘めながらも完成度の高い商品をめざし、原材料には徹底してこだわっている。主原料は、環境への影響に配慮した世界基準の植物パーム。香りにも天然精油を配合した。赤は柘榴、白は百合、黒は黒糖の3種の香り。
中国では「鯉」、イタリアでは「金魚」と呼ばれることもあるが、今では世界の国々で愛されているという。大きさは両手にあまる345g。ロープをフックに吊して使えば、使いごたえのあるビッグサイズ。自然な香りを楽しむインテリアとしても人気がある。

認証理由

見た瞬間、笑顔になる石鹸。よく見ると細部まで丁寧にできていて、香りも自然で上品。贈り主のセンスを感じさせるギフト商品である。

事業者情報

<玉の肌石鹸株式会社>
創業は明治25年(1892年)。創業130年近い老舗企業。長い歴史の中で培われてきた技術により、さまざまな企業のオリジナル石鹸を手がける。墨田区内の本社で企画から製造までを管理。工場では太陽光発電設備の導入など、環境への取り組みにも力を注いでいる。
事業内容:石鹸・化粧品の製造
代表者 三木 晴信

東京都墨田区緑3-8-12
電話 03-3634-1343
ウェブサイト:https://tamanohada.co.jp
長く墨田の地で製造を続ける玉の肌石鹸本社