139 抹茶のリオレ

商品の特徴

自分の店だけでなく、すみだの事業者の連携でメニューをつくりたい。抹茶のリオレは、店主井奈波さんのそんな想いから生まれた。異業種間、同業種間のつながりが、ものづくりのまち、すみだの魅力だと井奈波さんは考える。それをメニューという形で表現することができれば「すみだモダン」にもっともふさわしいのではないか。
井奈波さんの声がけで食材、器、カトラリーまで区内の職人がチームを組んだ。すみだモダン認証事業者「隅田屋商店」がリオレ用の米を精米。渦をイメージした涼やかな器は、硝子作家井上剛さん(硝子企画舎)の作。江戸っ子1号など異業種連携事業に積極的な金属加工工場「浜野製作所」は人工骨の技術で舌と手になじむスプーンを製作した。器には小さなスプーンをのせるくぼみがデザインされている。
リオレは米を牛乳で煮るフランスの素朴なおやつ。抹茶味で仕立て、アーモンドをトッピング。上質なデザート米でつくられたやさしい味を楽しみながら、器やスプーンも味わいたい。

 

認証理由

ガラスの器、スプーン、材料、すべてにすみだの人々の地元への想いが伝わってくる。

 

メニュー情報

価格:450円(税込)

 

店舗・事業者情報

<東向島珈琲店>
2006年11月に東向島一丁目にオープン。珈琲、自家製ジンジャーソーダ、スイーツ、トーストなど、どのメニューもおいしいと評判。新たなメニュー研究に余念がなく、食材の選択、加工法など時間、手間を惜しまない。

代表者:井奈波康貴

〒131-0032
東京都墨田区東向島1-34-7
東武線曳舟駅より徒歩5分
電話:03-3612-4178

[営]8:30-20:00
[休]水曜
ウェブサイト:http://www.cfc101.com