117 向島松竹もんじゃスペシャル

商品の特長

もんじゃは昭和の下町に育った人々にとって、ふるさとの味。店主平山さんは、子どもの頃から通っていた向島の「もんじゃ松竹」が70年の歴史を閉じたとき、そのまま秘伝の味を引き継いだ。思い出が息づく下町もんじゃだけれど、お洒落な古民家ワインバーで出してみたら「なつかしい」と若い人にも喜ばれたという。キリッと冷えたスパークリングワインや白ワインによく合う。
具は10種類、濃いめのだしをきかせている。桜エビ、揚げ玉、ひき肉、キリイカ、魚肉ソーセージ、チーズ、卵、キャベツ、生姜、青のり。駄菓子のラーメンなどを持ってきて入れる方もいるらしい。下町の味をつくろうと、素材は地元すみだで仕入れることにもこだわった。
鉄板付きのテーブルで自分で焼くことが、もんじゃの一般的な楽しみ方。もちろん、慣れていないから焼いてほしいというオーダーにも応えている。

 

認証理由

ソースが甘くなくすっきりした味で白ワインによく合う。雰囲気がすみだらしい。

 

メニュー情報

向島松竹もんじゃスペシャル 380円(税込)

 

店舗・事業者情報

<古民家ワインショップ&バー お静>
築90年近いの祖父の家を改築。昭和のままの調度品に囲まれ、ここちいい灯りの下で料理とワインを楽しめる店。ワインショップも併設していて、手ごろな価格で世界のワインを味わえる。「お静」の名は祖母が神田で営んでいた店名を50年ぶりに復活させた。人が集うようにしなさいと言われて育ったので、人が温かくつながる下町らしいお店をめざしている。

代表者:平山隆一

〒130-0033
東京都墨田区向島5-17-6
半蔵門線・都営浅草線押上駅より徒歩12分
電話:03-3626-1686

[営]18:00-21:00(予約制)
[休]土・日・祝日