135 猫六のポテトサラダ

商品の特長

マヨネーズではなく香り立つスパイスやアンチョビで味付けした大人のポテトサラダ。隠し味には東向島珈琲店のドレッシングを使用。ジャガイモはスチームで蒸してつぶしている。裏ごしをしていないので、ジャガイモの食感までも味わえる。注文ごとに成形し、小さなトマトをトッピング。ケーキのようなかわいいデザインを見て、お客さまのほとんどが歓声をあげる。店で提供する世界各地のクラフトビールや、大人気のカレーとも相性がいい。
お店を開店するにあたり、ここでしか食べられないメニューをつくろうと思った芳谷さん。このポテトサラダは素材とレシピにこだわり抜いて生まれた一皿。多くのお客さまが写真を撮ってインスタグラムやツイッターなどに投稿してくれ、それが新しいお客さまを呼ぶ。気合いを入れて考えたメニューがお店のアイコンとなり、すみだモダンにも認証されて、本当によかったと感じているという。

 

認証理由

昭和の頃から庶民的なおかずであるポテトサラダをお洒落にアレンジ。目で味わい、香りで味わい、舌で味わう一品。

 

メニュー情報

Spice Bar 猫六 (スパイス バル ネコロク)
オーナー 芳谷 昌宏

猫六のポテトサラダ   500円(税込)

 

店舗・事業者情報

<Spice Bar(スパイス バル) 猫六>
若い世代が急増している曳舟・東向島周辺。2013年に東武線曳舟駅からすぐの商店街にオープンしたスパイス バル猫六は、今や地域の人気店となっている。常連さんも多いが、大きな窓から店内を見てふらりと入ってくるお客さまも多い。古くから続く駅前商店街には昭和な雰囲気の店が並び、近ごろはその中に猫六のような洗練された店が生まれている。レトロとモダンが混在するのが、すみだの特徴。お店がよくなっていくには地域全体がよくならなくては、と店主の芳谷さんは考える。これからは曳舟界隈の魅力あるお店が連携して、まちに新しい人の流れをつくっていきたいと語る。
代表者:芳谷 昌宏

東京都墨田区東向島2-14-2
東武線曳舟駅より徒歩1分
電話:03-6657-2286

[営]18:00〜24:00 日曜ランチ11:30〜15:00 ※日曜はランチのみ
[休]月、第2・4火