002 名刺入れ「鏨の息吹」

拡大
他の写真
12

商品の特徴

江戸時代から続く神輿錺(かざり)金具を作る鏨(たがね)の技術と模様を活かして作られた名刺入れ。すみだ地域ブランド戦略「ものづくりコラボレーション」事業から生まれた商品。
毎日の生活の中で使うほどに手に馴染み、世代を超えて100年、200年と、お使いいただける重厚な味わいがある。

 

認証理由

神輿錺金具で磨いた技術が現代のステーショナリーに活かされている点にストーリー性がある点が評価される。

 

審査委員コメント

江戸の伝統的な工芸技法を継承し、名刺入れに鏨の跡を効果的に用いた点が評価される。もう一歩進んで、鏨の跡を残しながらも現代的な感覚のデザインを工夫することが、今後の商品発展の課題であろう。

 

事業者コメント

有限会社塩澤製作所
取締役
塩澤政子

昭和16年からすみだで神輿や神社仏閣の錺金具を鏨で作ってきました。戦時中、神輿はぜいたく品で作れませんでしたが、戦後に再開しました。その後、神輿の注文も徐々に減っていったため、霊柩車の錺金具等も多く作りました。
鏨職人は昔から数は多くありません。当時でも、東京では10軒くらいでしょうか。今では江東区と葛飾区に数軒残っているだけです。
鏨の仕事は人によって違うので、神輿を見れば、誰の仕事なのか分かります。当社にはその鏨が1300本以上あります。また、新しい鏨が必要な時は名古屋の職人に頼んで作ってもらっています。
名刺入れは東京都のチャレンジ大賞で出品したものを、「ものづくりコラボレーション」事業で赤池学先生にアレンジしていただきました。隅田川をイメージした「波に千鳥」の紋、北斎の描いた蜻蛉は、いずれもすみだに縁がある上、生物多様性の大切さを伝えています。
伝統の継承はとても重いものがあり、約1600年の歴史があるこの仕事を、次の時代に伝えなくてはなりません。そのためには、継承した技術を活かして、新しいモノを生み出すのも大事だと考えています。そして長く慈しんでもらえるものを、最善を尽くして作り上げたいと、いつも思っています。
(写真は、塩澤製作所の錺金具が使われた神輿)

 

商品情報

「波に千鳥」 真鍮・銀古美仕上げ 64,800円
真鍮・真鍮古美仕上げ 64,800円
銀・銀古美仕上げ 129,600円
「北斎とんぼ」 真鍮・銀古美仕上げ 75,600円
真鍮・真鍮古美仕上げ 75,600円
「北斎蜻蛉」銀・銀古美仕上げ 140,400円
(以上全て税込)

 

事業者情報

<有限会社塩澤製作所>
昭和16年(1941年)創業、屋号:かざり工房しおざわ
神輿、神社仏閣、神仏具の錺金具を鏨の手仕事で作り続けている。
すみだマイスター認定。墨田区伝統工芸保存会会員。パルティーレすみだ作る創るの会会員。
すみだ地域ブランド戦略平成21年度「ものづくりコラボレーション」事業に参加。

〒130-0011
東京都墨田区石原1-41-15
電話:03-3621-7983 FAX:03-6279-0373
ウェブサイト:http://tagane.jp