76 すみだちゃんこ巻

拡大
他の写真
12

商品の特徴

相撲にちなんだメガサイズの太巻き。大きさのインパクトと、縁起を担いだ15種類の食材の味を楽しめる。すみだ地域ブランド戦略「ものづくりコラボレーション」事業から生まれた商品。

 

認証理由

具材はちゃん(親=鶏)と子(卵)、全勝にちなんだ15種類、土のついた食材を使用しないといった、さまざまないわれを盛り込んだ発想がおもしろい。すみだ名物として商品を定着させようとしている意欲も評価される。

 

審査委員コメント

相撲であり、ちゃんこである事へのこだわりがどこまでも感じられる、楽しいお土産。
「こんな太巻き見た事ない!」という様な、楽しく豪華な、具材の意味にもこだわり抜いたこの商品、江戸前寿司発祥の地でもある墨田のお土産として、江戸人の食をも語るきっかけも持てる、様々な角度から語る事の多い商品であると感じました。

 

事業者コメント

写真協力:下町めぐり.jp
サンエー株式会社
会長
進藤千代
社長
進藤耕一
写真協力:下町めぐり.jp
 

ちゃんこ巻は、相撲にちなんで作っています。
まず、ネーミングですが、「ちゃんこ」という言葉の語源は「ちゃん=親」と「こ=子ども」から来ており、相撲部屋では親方と弟子を差す意味で使われるようになったそうです。このことから、鶏肉と卵の親子食材を使っています。また、縁起を担いで15勝全勝にちなみ、ちゃんこ巻の中には土のつかない15の食材が入っています。さらに、手をつく4足の食材(牛・豚など)は使っていません。そしてさらに、太巻きの中心には、カツ(勝つ)が入っています。
箱にもこだわって、ちゃんこ巻の大きさを強調するパッケージを開発しました。
私たちはこれまでの歴史の中で、たくさんのメニューを開発してきました。今回、私たちは平成21年度の「ものづくりコラボレーション事業」に参加し、コラボレーターの紫牟田伸子さん達と組んで、新たにちゃんこ巻を開発しました。その理由は、「サンエーと言えばこれ!」という看板商品が欲しかったからです。
私たちには強い危機感があります。お弁当業界は成熟産業。普通に経営していては沈んでいってしまいます。私たちが大切にしている「お客様のことを考えて、労を惜しまない」という部分は変えてはならないですが、変えなくてはならないところも沢山あります。
常に武器を磨いて、社員の皆がサンエーで働いてよかったと思える会社を目指して行きたいと思います。

 

商品情報

すみだちゃんこ巻   800円(税込) 定価
※6個セット(4,800円)から販売

 

事業者情報

<サンエー株式会社>
1967年(昭和42年)創業。当時は台車にお弁当を積んで、丸の内近辺のオフィスで販売。その後弁当の販売網を拡充するとともに、自民党の本部の社員食堂をはじめとした、様々な社員食堂を運営。市松紋様に小さく区切って、おかずを小分けにする弁当箱の特許は、実は同社が持っている。
進藤会長は、日本のお弁当屋さんの歴史の生き字引と言える存在。
社長の進藤耕一氏はフロンティアすみだ塾2期生。
すみだ地域ブランド戦略平成21年度「ものづくりコラボレーション」事業に参加。

〒130-0001
東京都墨田区吾妻橋2-11-5
電話:03-5619-5600 FAX:03-5619-3636