43 ORIGAMI FOR CRANE

商品の特徴

白と黒、円と直線で構成されたシンプルな柄だが、折るたびに新しい表情を見せる折り紙。

 

認証理由

誰もが知っていながら、日頃あまり注目されることのない折り紙に、デザインの力で新しい付加価値をもたらした。すみだの地場産業の一つである紙加工業において、新たな方向性を示した点も評価できる。

 

審査委員コメント

日本文化を代表する折り紙に現代的なグラフィックパターンを与え、新しい世界を作り出している。平たい紙の状態も良いが、折り上がったものの表情に新しい世界を拓いている。ぜひ海外のおみやげに持って行きたい。

 

事業者コメント

株式会社 NACAMURA
代表取締役 中村 健一
株式会社 ヒロコレッジ
(アートディレクション)
代表取締役 中村裕介
(中村健一社長の甥にあたる)

当社は戦前に伯父が興した折り紙メーカーの断裁部門が独立して設立されました。当時、折り紙を真四角に正確に切ることは難しい技術でした。子どもも多く、紙の遊具は、作れば売れた時代でした。すみだには、折り紙の染色、断裁、丁合、を行う紙加工業者が多く集積していました。

その後当社は自動車や化粧品のカタログやCD等の仕事を通じて、紙を切る、折る、抜く、綴じるといった最先端の加工技術を磨くことで、現在に至っています。

昨年社名を(有)中村断裁所から(株)NACAMURAに改めました。Cは「Creativeであれ」という意味を込めています。これを機に一般消費者向けの自社ブランドを立ち上げようと始めたのが「折り紙プロジェクト」です。当社の原点である折り紙に立ち返ってみようと思いました。

(株)methodの山田遊さんとのコラボで、アートディレクション、デザインは(株)ヒロコレッジのアーティスト高橋理子さんにお願いしました。折り紙は誰もが子どもの頃には折ったことがあると思いますが、しばらく触っていない、そんな大人のための折り紙です。最もベーシックな鶴を折るための折り紙。色を使わず、円と直線だけの柄ですが、鶴を折る際の基本形を活かして、さまざまな表情が楽しめるように工夫しました。もちろん他の物を折ることも、ポチ袋や便箋として使うことも可能です。

折り紙という最もシンプルな道具を通じて、人々の生活が楽しくなればという思いを込めています。次の展開も企画中です。

 

商品情報

ORIGAMI FOR CRANE −折り鶴のためのおりがみ−
 DOTS SET /  STRIPES SET
 1セット12枚入り(4種×各3枚)  各648円(税込)
※ヒロコレッジ・アトリエ、ミュージアムショップ等で販売。
 今後ライフスタイルショップ、インテリアショップ、百貨店等に拡大予定。
※墨田区の平成22年度「ものづくりコラボレーション事業」(コラボレーター:山田 遊氏、デザイン:アーティスト・高橋 理子氏)から生まれた商品。

 

事業者情報

<株式会社 NACAMURA>
昭和28(1953)年墨田区本所に中村茂平が個人起業、昭和30(1955)年に有限会社中村断裁所として法人創業した。創業当時の折り紙加工をルーツに、高精度で正確かつ美しい紙加工技術を基本とし、カタログ、パンフレット等の商業印刷から伝票、ノート等まで幅広い紙製品の加工を行ってきた。
昨年には社名を株式会社NACAMURAに改め、使い手の目線に立った楽しく喜ばれるものづくり、人と環境に優しい製品の開発を目指している。

〒130-0004
東京都墨田区本所2-14-5
電話:03-3622-8832 FAX:03-3626-6389
ウェブサイト:http://www.nacamura.co.jp