85 東あられの海苔巻き

商品の特徴

海苔と米と醤油だけでつくられた三種の味くらべセットである。「濃い口醤油×有明焼海苔」。「淡口醤油×青とび焼海苔」。「だし醤油×三河の黒海苔」。国内産の高級海苔、海苔を引き立てる醤油の組合せを選びぬいた。香ばしさが際立つ餅米こがねもちを使用。すべて手焼きし、手作業で海苔を巻いている。創業100年。次の100年に向けて新たな道を模索したいと墨田区のものづくりコラボレーション事業に参加。時代の先端を行くクリエイターから学ぶものは大きかったという。極上素材を味わうシンプルなスタイル。味くらべという遊び心。原点に立ち帰ることが何より大切だと気づいた。お客さまの目線で商品をつくることが店の歴史。20年前に発売された「東一福」もいろいろな味をひとつの袋に詰めるアイデアで大ヒットした。企業スローガンは「老舗は常に新しい」。この海苔巻きは、その言葉をみごとに具現化している。
●墨田区ものづくりコラボレーション事業2011開発商品

 
株式会社東あられ本鋪
小林俊介

認証理由

利き酒ならぬ利きあられという発想が新しい。海苔ってこんなに美味しいんだ、とあらためて気づかされる商品である。

 

商品情報

価格:3個入り 216円、化粧スリーブ5袋入り 1,188円、缶 3,240円(税込)

 

事業者情報

<株式会社東あられ本鋪>
明治43年(1910年)、江戸の時代から商業、文化の中心だった隅田川沿いに創業。現在も同じ両国の北斎通りに本店を構える。近くには江戸東京博物館もあり、すみだ北斎美術館も開業予定。観光客に江戸文化が残るまちの魅力を発信しながら、何より地元のお客さまを大切にしていきたいと会長の小林俊介さんは語る。
最寄り駅は、大江戸線両国駅、徒歩2分。

事業内容:米菓製造・販売
墨田区銘品名店会会員

〒130-0014
東京都墨田区亀沢2-15-10
電話:03-3624-3939
ウェブサイト:http://www.azuma-arare.co.jp/
営業時間:9:00-18:00 定休日:年中無休(1月1、2、3日除く)