64 ガラスの硯

商品の特徴

尾崎製鏡は鏡とガラスの加工や工事を請けおう会社。住居やオフィスの窓ガラスから、インテリアとしての鏡の製作まで、さまざまな受注に応えるのが主な業務だ。
代表の尾崎さんは、切ったり重ねたりすることで、板ガラスならではの美しい製品を自在に創作する職人でもある。大阪万博カナダ館でピラミッド製作に関わったのをはじめ、アーティストからの高度な作品の依頼にも応え続けている。板ガラスの美しさのポイントは、まっすぐでシャープなライン。厚くなるほど光が屈折するので、奥行きのある美しさを表現できると語る。
「ガラスの硯」は厚みのある板ガラスから生まれた。シャープな板ガラスに、丸みを持たせたところが、この商品の魅力となっている。サンドブラスト技法で生まれた丘(墨をする部分)と海(墨を溜める部分)のなだらかな曲線に熟練の技が見える。

 

認証理由

型や吹きとは違う、板ガラスによる製品づくりにすみだの硝子職人の幅広さを感じる。

 

商品情報

価格:大10,800円 中・小6,480円(税込)

 

事業者情報

<尾崎製鏡株式会社>
住宅、オフィスビル等の窓ガラスから、アーティストとのコラボレーションまで、ガラスと鏡にまつわるあらゆる製造、創造に携わる。店舗は両国京葉通り沿い。

事業内容:鏡・ガラス製造販売、卸、施行、内装工事全般。板ガラスモニュメント製作、販売
代表者:尾崎由雄
全日本鏡商工連合会会長
東京都鏡商工業協同組合理事長
公益法人本所法人会 副会長

〒130-0026
東京都墨田区両国3-21-18
JR両国駅より徒歩10分 電話:03-3632-3213

[営]9:00-17:00
[休]不定期
ウェブサイト:http://www.mirrordoc.com