87 煎餅屋のアイスクリーム「ぬれそふと」

商品の特徴

みりん堂は東京スカイツリー®のすぐそばにある老舗の煎餅屋。創業は明治で、大正時代から現在の地で煎餅を焼き続けている。スカイツリー建設が決まったとき、店主の高橋さんは観光客が驚くものをつくろうと決意した。試行錯誤を重ね、30年前からのロングセラーである柔らかい煎餅「ぬれせん」にソフトクリームをサンドしたところ、自分でもそのおいしさに驚いたという。先祖伝来の煎餅だれを染みこませた「ぬれせん」の甘じょっぱさとソフトクリームは相性抜群。世界でもここにしかない「ぬれそふと」は、テレビでも取り上げられ、多くの観光客に喜ばれている。
高橋さんはアイデアマンのチャレンジャー。老舗の味を守るだけでなく、時代が求める味を考えることが大好きだという。みりん堂の店先には、いつも斬新なオリジナル商品が並んでいる。

 

認証理由

煎餅をトッピングしたものはあるがサンドは珍しい。下町らしいアイデア商品。

 

商品情報

価格:250円(税込)

 

事業者情報

<有限会社みりん堂>
みりん堂の名前の由来は、先々代が開発した煎餅だれにある。当時贅沢とされていた「みりん」を隠し味にした醤油だれは、他の追随を許さないもので、「みりん堂」の煎餅の飽きのこないしっかりした味わいは、この時代から培われてきたものだという。

事業内容:煎餅・菓子類の製造、販売
代表者:高橋延芳

〒130-0002
東京都墨田区業平1-13-7
東武線とうきょうスカイツリー駅より徒歩3分 電話:03-3621-2151

[営]9:00-19:00(日・祝日-18:00)
[休]1月1日(臨時休業あり)
ウェブサイト:http://mirindo.com