すみだセレクション

どこか懐かしく、だからこそ今にフィット

籐椅子

[小峰ラタン株式会社] 

「日本人の暮らしに合う」をモットーに、職人の高度な技術で作られた、軽くて使いやすい籐製品。どこか懐かしく、だからこそ今の暮らしに不思議にフィットする。
籐製品のメーカーは、国内の主産地だった東京でも、もはや数少なくなってきている。その中で、すみだマイスター(すみだの産業に携わり、付加価値の高い製品づくりをしている職人・技術者を区が認定)のほか、東京都伝統工芸士であり、黄綬褒章授章を受けた小峰尚氏の工房が同社である。ベッドから椅子、枕などをはじめ、お年寄りに好評の「つかまり立ち」など、工夫された商品が多い。
「『日本人の暮らしに合うものを作ります』。籐工芸は蔓(つる)細工です。自然素材を使って身近な暮らしの道具を作ること、それこそまさに手作り仕事の原点だと思っております。特に高齢者にやさしい物作り。我が国は今、高齢社会真っ盛りです。この仕事は特に時代の流れに敏感な職種であり、その時代の要望に合わせた物作りが生き残りの絶対条件なのです。 」(同社ウェブページより)
ここで紹介する座敷イスのほかにも、洋室向けのアームチェアやダイニングチェア、安楽イス、丸スツール、さらにベッドや枕など幅広い品揃えがされている。オーダーメイドにも応えてくれるので、きっとお気に入りの一品が見つかるはず。
※同社は、墨田区の「3M運動」の一環である「工房ショップ」(工房+店舗を兼ね、ものづくりの現場を見ることできる)に認定されている。

編集長コメント:
今では東京でも籐製品を作っている所は減っている。デザイン的には素朴だが、籐製のベッドなども作っており、非常に高い技術・品質を備えている。涼しい感じがよい。(サライ・河内編集長)

● 商品情報
<座敷イス 35cm>
座敷イスは、写真の高さ35cmのほか、使う人に合わせて、平座椅子(足無し)、高さ14cm、25cm、30cm、40cm、別注で袖付きなど各種がある。
座面高さ35cm 40,000円(税別)

● 企業情報
<小峰ラタン株式会社>
工房ショップ「おみねらたん」 〒131-0045 東京都墨田区押上2-4-9 電話:03-3623-0433
本工場 〒131-0045 東京都墨田区押上2-10-15 電話:03-3623-0433
ウェブページ:http://www.ratan.jp/index.html