実はすみだが支えてる

株式会社墨田キール


■代表取締役 長谷川 憲司
所在地:墨田区八広4-9-2
資本金:1,500万円
従業員数:正社員14名
創業:昭和34年
業種:皮革素材加工・オリジナルレザーの開発
URL:http://www.hikaku.metro.tokyo.jp/pigskin/sumidakeel.html

■事業の概要
-常に流行を先取りし、高感度なファッションレザーを開発-
同社は、昭和34年に先代が現在の地で革の染工場を創業。当初は、なめし革の染色加工を手がけていたが、より付加価値の高い加工技術の開発に着手し、事業分野を拡大してきた。現在は、インクジェットプリント、転写フィルム、箔押し、型押し、染色、ロールプリント、頭はり、汚し、はたき落としなどの各種加工に加え、異素材(フェイクファーやレース等)の貼り合わせも行っている。
素材は国内生産のピッグスキンをはじめ、羊・ヤギ・キップ(中牛革)等の革を取り扱い、独自に開発した様々な技術を駆使して、革問屋との連携による企画開発や企業からのデザイン持込みにも積極的に対応している。工場には、メーカーや革問屋のみならず、美術・デザイン系の学生などがひっきりなしに訪れるなど、同社のファッション性の高いオリジナルレザーは、業界でも一目置かれるようになった。
現社長は、随時イタリア等の展示会を見学したり、ファッション雑誌を研究するなどして、流行の先取りに努めている。こうした情報収集と新たな技術開発によって、ユーザー・顧客からの高い信頼を獲得してきた企業である。
株式会社墨田キール