すみだモダン ブランド認証事業とは

すみだモダン ブランド認証事業とは

「あたらしくある。なつかしくある。」を基本コンセプトに認証。

商品部門、飲食店メニュー部門の2つの部門からなり、すみだ地域ブランドの価値規定(=すみだモダン宣言 下記参照)にふさわしい、すみだの想いを伝えられる商品や飲食店メニューを認証基準に基づき、認証します。

  • 認証された商品、飲食店メニューは、総称して「すみだモダン」とし、例えば、2015年度の「すみだモダン」は、「すみだモダン」2015と呼びます。
  • 「すみだモダン」は、すみだという地域をイメージでき、その魅力を高めることのできる商品です。
    すみだを代表する地域ブランド商品として、優れた特徴やそこに込められた想い、こだわり等をお伝えし、幅広くPRすることで、すみだの知名度向上とイメージアップを図ります。
  • 「すみだモダン」は、すみだのものづくりをリードしていく存在となるものです。
    区内事業者が新商品の開発や既存商品の改良などに取り組む意欲をさらに高めていただく目標となることを目指します。

認証の基準

すみだブランド価値規定(=すみだモダン宣言)との合致度
  • すみだの産業の歴史や伝統、文化や技術を受け継いでいる。
  • 人々の生活への新しい提案や革新性がある。
すみだのブランド力向上への貢献度
  • すみだブランドの知名度、イメージアップへの貢献が期待できる。
  • 消費者ニーズに合致しており、市場性が高い。
独自性
  • 同業他社の商品より利便性、快適性、デザイン、味等の面で優位性がある。
信頼性・品質
  • 高い信頼性を持った商品等である。
  • 質の高さを維持、向上するための取組や裏付けがある。
理念・姿勢・背景
  • すみだでものづくりをすることへの想いを持つ事業者である。
  • すみだの地域活性化に意欲を持つ事業者である。

「すみだモダン」 4つのテーマ

粋に触れる 日々を彩る味に出会う 街と語らう
4つのテーマでPRを展開しています。

認証方法 〜「すみだモダン」〜はこうして生まれる

2012年度に飲食店メニュー部門を新設しました。
部門ごと異なる認証方法により、これまでに、商品部門68点、飲食店メニュー部門22メニューを認証しました。

商品部門
募集

すみだブランド認証審査会
区民調査隊(参考評価)

すみだ地域ブランド
推進協議会 理事会(決定)

発表
商品部門
募集

区民調査隊(試食調査)

すみだ地域ブランド
推進協議会 理事会(決定)

発表
1.審査会

様々なプロの目で、厳正な審査を行います。

2.「すみだモダン」認証式

「すみだモダン」認証事業者にお集まりいただき、認証楯を授与します。

3.「すみだモダン」発表展示会

「すみだモダン」に認証された商品のお披露目展示会を行います。