14 北斎弁当

商品の特長

北斎が生きた江戸の町では、どんな料理が食べられていたのだろう。そんな疑問から当時の料理本を読み解き、江戸の料理をお弁当で表現した。
お弁当に入っているのは、あさりご飯、大根揚浸し、牛蒡餅など、現代人の我々にも親しみを感じる料理の数々。どれもしっかりと出汁がきいており、素朴でやさしい味わいだ。江戸で使われた素材にこだわっているため、もちろん化学調味料などは入っていない。 お弁当をつくるにあたって大切にしたのは「誰にでもおいしい」こと。現代の日本人にもおいしい料理であることはもちろん、東京を訪れた外国人観光客にも食べられるよう、ハラール認証キッチンで調理を行っている。
お弁当を包むパッケージには、北斎の描いた江戸景色が広がっている。これは料理を食べながら、北斎が生まれた昔の墨田区の情景に想いを馳せてもらうため。パッケージはそのまま取り外せるようになっており、おみやげとして持ち帰る人も多いそう。
江戸景色に包まれた、江戸ならではの料理。北斎の町すみだで食べるのにふさわしい、創造性に富んだお弁当だ。

 

認証理由

葛飾北斎が生きた江戸の食をハラール認証キッチンで調理。訪日客にも食べてほしい江戸の心が宿る弁当。

 

商品情報

株式会社日本SI研究所
飲食事業部 部長 杉山 光

北斎弁当   1,620円(税込)

 

事業者情報

<株式会社日本SI研究所>
平成3年創業。主事業はITシステム開発で、平成24年に外国人向けの通販サイトを立ち上げたことをきっかけに、インバウンド事業に参入。ハラール、ベジタリアン、アレルギーに対応した宅配弁当の製造や、外国人観光客向けのレストラン「セカイカフェ」の運営を行う。年々訪日客のふえる東京下町を拠点に、今後も食の安心・安全を高めることを目指す。
代表者:杉山 毅

東京都墨田区江東橋1-16-2

ご注文に関するお問い合せ:サムライキッチン
電話:03-6458-1699
ウェブサイト:https://samurai-kitchen.tokyo